魚道に関する疑問を解決します。

「魚道」とは魚ののぼり道のこと。

鮎などの魚類は産卵のため海から生まれた川の上流まで戻ります。

しかし、河川には堰堤(えんてい)とよばれる人口の工作物があります。堰堤とは河川の洪水などから人間の生命財産を守るために設置される構造物ですが、堰堤の段差は数十センチあり上流へ行きたい鮎などがその段差に阻まれそこから上流へ行くことができないことがあります。

魚道とは鮎などの魚類が堰堤などの人口の工作物より上流に行くことができるように設けられた魚の為ののぼり道のことです。

魚道には様々な種類があり、また現場でコンクリートを打設して作るタイプ、また、魚道ブロックとして製品を敷設するタイプなどがあります。本サイトは、魚道の種類やその課題を説明し、またそれらを解決する魚道の提案をしているサイトです。

魚道の種類

魚道については様々な研究がなされその形状、機能によって体系化されています。

魚道の種類についてそれぞれ説明をします。

魚道の課題

様々な魚道が開発・設置されていく中で魚の遡上に効果がありました。しかし、一方で現地の条件等によりさまざまな課題も起きています。魚道の課題を整理しました。


棚田式魚道とは?

様々な魚道の課題を解決する魚道として開発されました。180°の間口を持ち、縦断方向、横断方向どちらからでも遡上が可能です。

棚田式魚道はその機能と効果により、全国各地で採用され設置が進んでいます。

魚道ブロックとして二次製品化したことにより現場の施工性と品質の安定化を実現。

全国各地の河川で魚の遡上を受け入れています。

棚田式魚道実績

全国各地に設置された事例を掲載しています。

また、開発者は棚田式魚道に関する論文をまとめ、岐阜大学大学院の農学の博士課程を取得しています。

実際に設置された棚田式魚道での遡上実験の調査結果も用意しています。

 

 

 


棚田式魚道設計依頼の流れ

魚道の設計依頼はいつでも受け付けています。

河川の情報、対象魚種などのヒアリングの後、平面図、横断図をCADデータで頂きます。

図面へ棚田式魚道の作図を行い、数量計算書、概算費用資料の作成を行います。

お気軽にお問い合わせ下さい。

問い合わせ先・リンク

お問い合わせ先はこちらのフォームまたは、掲載の電話番号にてお願いします。